泌尿器科と包茎専門クリニックの違いを知る

包茎手術は美容クリニックでも受けられる場合がありますが、やはりメジャーなのは「病院の泌尿器科」、そして「包茎専門クリニック」といえます。この2つには費用や技術面などで違いがあり、それを知ることは包茎手術を検討する上でとても大切です。ここでは“泌尿器科と包茎専門クリニックの違い”について解説していきます。

■泌尿器科で包茎手術を受けるメリットは?

そもそも泌尿器科とはどんな部門?

そもそも「泌尿器科は病院の中でどんな部門とされているのか?」ということについて、知らない人も多いでしょう。泌尿器科とは、主に腎臓・尿管・膀胱・尿道などの"尿路系"、副腎などの"内分泌系"、そして睾丸・陰茎・前立腺などの"男性生殖器系"を取り扱う部門で、包茎手術も"男性生殖系"の治療として行われています。

真性包茎なら泌尿器科で保険が適応される

泌尿器科で行われる包茎手術には、保険が適応されます。泌尿器科での包茎手術は原則として真性包茎に限られており、保険も真性包茎にしか適応されないことになっているのですが、実際にはカントン包茎や重度の仮性包茎でも適応されているケースもあるようです。

保険が適応されると、2〜5万円といった低料金で手術が受けられるので、予算があまりかけられない人にとっては頼もしい味方となるでしょう。一方、包茎専門クリニックの場合は、真性包茎であっても保険は適応されません。そのため、手術費用は約10万円〜30万円程度と、泌尿器科に比べて割高になるといえます。

■"技術面"や"対応"で比べてみると...

泌尿器科での手術は、見た目や機能性の保護に不安が...

泌尿器科は包茎手術を専門としているわけではないので、技術面に関してはあまり期待しない方がいいかもしれません。あくまで"治療"を目的として行われるので、見た目や機能性を保つことに関してはあまり考えられていないのが実情です。

その結果、ペニスがツートンカラーになったり、感度が著しく低下してしまったケースも珍しくありません。それに対して包茎専門クリニックは、その名の通り、包茎手術が専門分野と化しているため、見た目や機能性を保つことについても研究が続けられています。包茎手術の数でいえば、泌尿器科よりも多くこなしているので、腕のある医師が多いという点も事実です。

包茎専門クリニックは"対応"にも気を配っている

泌尿器科は普通の病院と変わらないので、患者に対する対応も普通の病院と同じです。そのため、"包茎手術ならでは"の配慮まで行き届いていないところが多く、ほかの患者さんにも聞こえてしまうような位置で包茎手術について説明されたり、女性スタッフに問診されることも大いに有り得ます。

一方、包茎専門クリニックでは競合と差を付けるため、対応にも気を配っているところが多く、ほかの患者さんとの接触を避けてくれたり、スタッフは全員男性で揃えているなど、随所に配慮が見られます。総合的に考えると、泌尿器科よりも包茎専門クリニックの方が、安心して手術が受けられるかもしれません。

包茎手術クリニックの選び方

包茎手術で失敗しないために、クリニックの選び方で気を付けなければいけない点をご紹介。

あなたの検討リスト

検討中のクリニックはありません※検討リストをご利用の際は、cookieを有効にしてください。

エリアから包茎手術・治療の
クリニックを探す

口コミから包茎手術・治療の
クリニックを探す

ホントのところはどうなの? 口コミから包茎手術・治療のクリニックを探せます。
■注目の口コミ
■新着口コミ
その他の口コミからクリニックを探す

こだわりから包茎手術・治療のクリニックを探す

クリニックが採用している術式や提供しているサービスなど、あなたのこだわりからクリニックを探せます。
■こだわり項目
その他のこだわりからクリニックを探す

包茎手術・治療の
注目タウン特集!

全国主要都市の中で、特に包茎クリニックが集まっている街をピックアップ!
■注目タウン

包茎手術・治療の
人気の大手クリニック特集

雑誌やTVなどでよく見かける、大手クリニックについてご紹介。
■人気の大手クリニック

包茎について正しい知識を身につけよう!

包茎を正しく知ろう!

包茎の悩みは誰かに相談することが難しい微妙な問題。そのためか、世の中には包茎についてのいい加減な噂や都市伝説が蔓延しているようです。このような噂に惑わされないように、包茎について正しい知識を身につけましょう。

包茎の原因と種類

多くの男性を悩ませている包茎。その原因と種類について解説します。
その他の包茎コンテンツ
画像・写真で見る包茎
包茎手術の内容が具体的にわかる動画を集めました。参考までにご覧下さい。
自力での包茎矯正にご注意を!

無理な包茎矯正は危険です!
無理な矯正によって包皮を傷つけることもあるので、自力で矯正を行う場合は注意が必要です。